読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、PR会社って何してるんですか?

PR業界の悩みやグチ、そして時々参考にしていただけるかもしれない情報を徒然なるままに書き綴っていきます。

やっぱり広報に英語力は欠かせないようで:DMM英会話を試してみました

「英会話の練習しないとやばい!!」

 

仕事中かねてよりネイティブスピーカーのヒアリングを困難に感じたり、話したい意図が伝わらないことに悩んでいましたが具体的に動き出せず、就職から4年が経ってしまいました。。。

クライアントは外国の方が多いので、「そのうち話せるようになるだろう!!」と楽観的に過ごしていましたが、主体的に予習・復習をしなかったため、思ったように英語力が伸びませんでした。

これは留学してたときも感じたことですが、当事者意識をもって取り組まないと語学力は全く伸びないんだなと再認識しました。

 

これ以上勉強しないと、仕事の幅が広がらない!!気がするので、とりあえず動きます!!

....っということもあり、前から気になっていたDMM英会話を試し始めました。

一か月半程、受講しましたが。。。。。

 

 

 

...

 

 

 

 

中々いいです!!

 

料金がリーズナブルで、講師の質も比較的高いです。

 

まずプランには2つあります。「スタンダードプラン」と「プラスネイティブプラン」です。名前通りスタンダートプラン(月額5,500円)が英語を第二言語として話す準ネイティブが講師を務める一方、プラスネイティブプラン(月額15,800円)は米国、英国、南アフリカなどネイティブが講師を務めます。どちらのレッスンも1回25分で毎日受けることができます。

 

f:id:daih0m:20170317232515p:plain

 ■DMM英会話の予約画面。目的に応じて、授業と講師を選択できる

 

ただし、予約できるのは1日1レッスンで、レッスンを終えるまでは次の予約ができません。一日に複数回レッスンを受けたい場合は別のプランや、プラスチケットを購入すrれば連続で受講できます。

 

とりあえず無料でできるスタンダードの2回のレッスンが中々よかったので、2,000円ほど追加料金を払いネイティブの授業も2回受けました。準ネイティブの講師は60カ国と書いていますが、多数をフィリピンとセルビアボスニアの方が占めます。ネイティブはイギリス・アメリカ・南アフリカの方が多いです。比較的バランスはよいので興味を持っている国の発音を勉強できるでしょう。

 

今まで8回ほどレッスンを受けましたので良い点と悪い点を書いていきますφ(・ω・ )

 

<良い点>

・講師の質が比較的高い。単なるアルバイトではなく、一定のプロ意識をもって取り組んでいる。フィリピンは不況もあり、専業としてやっている方もいます。

・授業後に「レッスンノート」でフィードバックを得ることができる。

・教材が充実している。英会話に慣れていなくても「旅行」、「文化」などテーマ・シチュエーション別の教材があるため自身の興味に沿った授業を行える。

・料金がリーズナブル。月5千円程で一日25分の授業を受けられるのは、やはり英会話塾に通うよりもリーズナブルです。安かろう悪かろう出ない点も評価できます。

 

<悪い点>

・受講する側に主体性がないと授業がマンネリ化します。教材などはそろっていますが、受講する側が積極的に何をやりたいか、何を勉強したいかを伝えないと簡単な雑談で授業が終わります。Skypeで事前にやりとりが出来るので、授業前に何を勉強したいか伝えるといいでしょう。

 

今は色々な講師を試していますが、そろそろ講師を固定したいと思っています。積極的に色々質問をくれる講師や広報のバックグランドがある講師がいるのでもしレッスンが良ければ深い議論も出来そうです。

 

また、時々感想を書かせていただきます(^▽^)/