で、PR会社って何してるんですか?

PR業界の悩みやグチ、そして時々参考にしていただけるかもしれない情報を徒然なるままに書き綴っていきます。

【進化したGoogle翻訳は翻訳者に代わり得るか】

Google Japanが11月16日にGoogle翻訳の改良を発表しました。先日このニュースを知らずGoogle翻訳<和→英>をつかったら「文法がきれいな翻訳になってる!」と思ったのは勘違いではなかったようです。

技術的なことについてはGoogle Japanのホームページで「ニューラルネットに基づく機械翻訳 (Neural Machine Translation) の導入で、さらに進化しました。」

[https://japan.googleblog.com/2016/11/google.html]という記載があります。私は技術的な解釈はできませんので実際使った感想と使用シーンを考えてみます。

 

元々通常の業務で、海外本社向けの英語レポート作成にてgoogle翻訳を使用していました。文体は不自然でありながらも、英語文章の骨子を作ってくれるのでそれに修正を加えていく方法です。しかし、長文になるとあまりに訳が不自然だったため活用頻度はいいところ月1~2回、部分的でした。 

今回アップデートしたgoogle翻訳は日本語訳・英語訳ともに文章がとても自然体になっているため使用頻度は週1回ほどに増えています。もちろんそのままは使えません。見れば「あっ機械翻訳を使ったな」という感じはどことなく文章ににじんでいるからです。日本語だと特に明らかなんですが、英語も似たように少し文法的過ぎるといいますか、整っているけど挿入場所が適切でないなど若干のぎこちなさが残ります。レビューは必須ですが、その手間が短くなったことは体感できます。

革新的なところは通常のメールレベルであれば十分使えるということです。 英語が全くできないかたもGoogle翻訳をつかえば大抵の意思疎通をすることは可能でしょう。

 

総括すると現在のGoogle翻訳は以下の作業レベルだと感じます。

 

 ・専門性の高い翻訳 /公式文書には使用できない

 ・利用者が英語レビューを出来るという前提で、報告書の英訳に使用できる

 ・日常メールのやりとりに使用できる

 

先ほども述べましたがGoogle翻訳したものをレビューなしで納品したり、公開できるかというとそれはノーです。クオリティは高いですが、ノーチェックで提出できるレベルには至っていません。

知り合いの翻訳者が「大分よくなっているが、行間が問われる訳や専門分野では使われるレベルには届いてない」としながらも「報告書レベルであればレビューなしでもGoogle翻訳を使う日はそう遠くないだろう」と述べていましたがこれに同意です。

現時点でGoogle翻訳が翻訳業界に与える影響は部分的でしょうか、5年後・10年後に進化した翻訳技術がもたらすインパクトに期待しています。