読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、PR会社って何してるんですか?

PR業界の悩みやグチ、そして時々参考にしていただけるかもしれない情報を徒然なるままに書き綴っていきます。

PR会社からはじまる広報キャリア

広報職のキャリアについて雑感です。

 

PR会社にいる間は強みとなる業務(基本業務+ SNS運営 / Web解析/ IR /グローバル広報 )と関心のある業界を決めていく期間だと思います。常に様々な業界と関わる刺激的な環境がPR会社の大きな魅力ですが、人によって得意業務や好きな業界がありますし、少しずつ自分の武器ともいえる分野がしぼられてくると思います。

    

  ■PR会社 → インハウス広報

 

周囲を見てもこのパターンが圧倒的に多いです。インハウス広報になってからはその会社で役職を上げたり、マーケティングに職種を変えてさらにキャリアを積みます。ただ、インハウスからPR会社に戻る方も多く、一概にこれがキャリアアップだという方式はないのでしょう。

私は1社目にいる際、ITxエレクトロニクス業界の広報へ関心が強くなったため、2社目はその業界のみにフォーカスをしているPR会社に転職しました。インハウスよりは社内の調整や人間関係に巻き込まれにくい第三者のPR会社だからこそできること、学べることが多いと感じています。同じ広報職でも「PR会社向き」と「インハウス向き」な趣向はどうしてもわかれるようです。

 

一方他職からPR会社に転職する人は以下のパターンが多かったです。

 

 ■ 記者  PR会社 or インハウス広報

 ■ 広告  PR会社

 ■ インハウス →PR会社

 

<記者>

記者の方はメディアリレーション、文章力がたけているだけでなく記者視点のメディアトレーニングやアドバイスもできるため重宝されます。取材をしているうちに好きな企業にリクルートされたり、イニシャルの情報を発信することに興味をもたれたりすることがきっかけとしてあるようです。特に新聞からは近年、ごたごたが多かったため少なからず人が流れたと聞きます。

 

<広告>

広告枠を扱ったり売るだけでなく、情報発信戦略を立てることに興味をもたれたという話を聞きました。

 

<インハウス>

インハウス広報は一人や少数で担当することも多く視野が狭くなりがちなため、いろいろな業界の様々な方法論を学びたいという理由で転職されるようです。

 

私自身経験が浅く、PR会社に転職された方のキャリア感や今後の展望など教えていただけると嬉しいです!