読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、PR会社って何してるんですか?

PR業界の悩みやグチ、そして時々参考にしていただけるかもしれない情報を徒然なるままに書き綴っていきます。

広報に英語力が必要だと思うたった一つの理由

 会社の方向性、規模、文化によって重要度は異なると思いますが、広報にかかわる人にとって英語力は必須だと考えています。私は一年間イギリスに留学をして修士号を取得しましたが、まだまだ英語の聞く・話す・書く能力については大きな課題を感じています。PR会社で仕事をしてレポートやメール、電話会議などで英語は使いますが、海外のエグゼクティブクラス(※)の人たちと円滑にコミュニケーションをするには、広報知識+英語力が不十分で、3年経った今でも、まだまだ時間がかかると感じています。

それでも留学をして、英語を勉強しておいて良かったと思える点は情報の収集量が、英語ができているときと、できないときでは全く違いました。

 

※日本・海外でも広報担当者やマーコム(マーケティングコミュニケーション)を担当する人は広報経験、語学力、製品・業界知識に長けている35~60歳ほどの経験者であることが多々あります。このレベルの人たちと、外部のPR会社が、対等に話をするには相当な勉強量が必要になります。

 

【海外発の情報を入手できない:インプット力】

「なんだそんなことか」と思われるぐらいシンプル回答で恐縮です。。それでも当たり前と思われていることを、改めて強調する理由を書いていきます。

 外資の企業を担当していて、ことさら強く思いますが最新の技術や分野の情報はまず英語から発信されます。世界レベルの企業は新製品の発表を日本ではなく、海外で実施することも増えています。英語の読む・聞き取るができないと情報戦で負けますし、マーケットを海外に向けたときに積極的なメディアアプローチ、論調調査ができなくなります。

 例えばIT製品・サービスも主流は海外です。プラットフォームや業務用ソフトウェア、セキュリティ製品にいたるまでGoogle, Yahoo, FacebookIBM, Symantec, FireEye, Paloaltonetworks, SAP, Software AGなど出てくる企業はアメリカやドイツ企業ばかりです。これら世界的な企業でも日本でのセールス・サポート体制は十分といえるところは限られるでしょう。

 日本最大の展示会やイベントに日本のトップ企業が出ずにアメリカの展示会などで発表することは珍しくありません。通訳や翻訳者が和訳するまで情報を仕入れることができないということは、情報通信の発達した現代でデメリットしかありません。英語力というと交渉やスピーキングなどに目が行きがちですが、リーディング力があるだけでも情報のインプット量が全く違います。

 環境背景としてもアプリやニュースサイト、SNSの発達であらゆる場所のあらゆる情報を入手できるようになり、いかに自分にとって有益な情報を精査して手に入れる「インプット力」はやはり重要といえるでしょう。

 

【そして次は(小さな)アウトプットから】

まずはインプットとなれば次はアウトプットとなります。まずは簡単なメールの応対ができるようになればいいでしょう。まずは2、3行の簡単なメールの返信が打てるレベルです。時差がある海外と日本のやりとりでは、電話会議(※)も当然ありますが、それでもメールのやりとりが主流です。広報の用語などを勉強する参考書やサイトなどはあまり見当たらなかったので、上司やクライアントが使っている英語文を暗記したり、テンプレートととして応用して使うことで慣れていきました。

※カジュアルな電話会議ではグループ通話ができるSkypeやLINE通話が主流になってきています。

 日本のみの製品・サービス展開をしていても、話題性が高ければ海外からも必然的に問い合わせがきます。その際にメールや電話で適切なレスポンスができないと取材機会を失います。海外での製品展開をその時点で考えていなくても、小慣れた表現での返信ができなくても、要点を押さえたしっかりとした対応を行うことでメディアとのリレーションを構築・維持ができます。これも相手からの質問の意図をしっかりつかめるインプット能力さえあれば、回答は日本語で考え、それにあてはまる英語表現をインターネットで探し、アレンジを加えれば回答を返信することができます。

 これらのことは広報に限らず、営業・マーケティング・技術担当者にも当然あてはまることですが、広報はとりわけあらゆる社内部署・外部から多角的に情報を集め、統制する役割があります。外資の企業であれば、本社と日本では権限は大きくことなり、本社とのコミュニケ―ションは不可欠なので、総合的な英語力は必須となります。