読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

で、PR会社って何してるんですか?

PR業界の悩みやグチ、そして時々参考にしていただけるかもしれない情報を徒然なるままに書き綴っていきます。

PRってPromotionの略じゃなかったっけ?

本ブログではPR業界のトレンド、仕事内容や日々感じることを紹介し、PRという仕事に興味をもたれている方に、リアルな情報と所感をお伝えしていければと思います。

また、サブエントリとして広報という仕事するきっかけになった【英国大学院の留学】についても情報をポストしていきます。そちらも読んでいただけますと幸いです。

 

<それでは、いざ自己紹介!(`・ω・´)>

ちなみに私はPR業界4年目に差し掛かるそろそろアラサー、男です。就職する前はもっぱら引きこもりがちな生活を好んでいましたが、ひょんなことからPR業界に足を踏み入れました。

広報として4年目といえば「そろそろ広報のことわかってきたぜ!」と思えば、クライアントや上司に激しくつっつかれて肩を落とす、なんとも足元がおぼつなかい、そんな時期です。広報に限らず、社会人共通の悩みですね!

それでは、最後に所感としてPRについて一つ思ったことを書かせていただきます。

 

<あれ、PRはPRomotionの略じゃなかったっけ?>

PRに関わっている人なら当たり前の話ですが「PR=Public Relations」を指します。

しかし、この間社内で「PR=つまりPublic Relations....」というフレーズが聞こえた時に、この当たり前のことがなんとも意外に聞こえました。そしてPR会社の関わっている仕事が非常にプロモーション的な部分が多いことに、そのとき初めて気づきました。

 

「PRとは社内・社外問わずステークホルダーと良好な関係を築き、円滑なコミュニケーションをとること」

 

「PR・広報」については上記のような説明はよく見かけますが、言葉としてはその通りだと思いますし、Public RelationsはPromotionの意味も含んでいます。しかし、PR会社でいうPRは「PRomotion」というニュアンスで話されることが非常に多くなっています。

 

「よし!、A社のPRプラン考えようぜ!!」

 

こういった場合はほぼ100%、Promotionの意味合いで話がなされます。

 PR会社はクライアントから、契約フィー(※)をもらいPRプラン作成を依頼されます。そしてその依頼は基本的に「販促」・「ブランディング」といったいわゆる攻めの広報をさすことが多いのです。

※フィー:Fee。契約には大きく分けて中長期型の「リテナー・マンスリーフィー」と単発「スポット・プロジェクト」の2種類があります。

 

次回に続きます!